blog」カテゴリーアーカイブ

二つ目のお話 腑に落ちる先

今年の3月に私の大切な家族の古くからの友人が自らこの世を去った。

私自身も何度かお会いしたことがあって、それぞれ子どもが小さい頃には集まってバーベキューをしたこともある。

もう10年以上前のこと、亡くなった彼のところにはまだ二人目のお子さんが生まれていなかった。

コロナがじわじわと猛威を奮い始め、今年楽しみにしていた一つの仕事が消えたのと同時にその連絡があった。

その二つのことを同じ日の夜に聞きながら、バーベキューをした川沿いの緑と、賑やかな子どもたちの遊ぶ声を思い出していた。

私でさえもショックだった。

それなのに旧知の友人を喪った彼のショックはどれほどのものだろう?

想像もつかない。

自らこの世を去る方に亡くなってから話を聞くことが、今までも何度もあって

その度にご遺族の方と亡くなられた方との視点の違いを知る。

突然大切な人を喪うだけでも辛いのに、自ら選んだのだと知ったときのその気持ちは如何ばかりか。

その衝撃の中、その視点の違いはご遺族の方をさらに落胆させることもある。

そして時には「なんでやねんもう〜あんたらしいなぁ〜。ほんまアホやで〜。」と言いながら力なく笑顔になることもある。

幸いにも私が今まで立ち会った時にはそのどちらにも、愛情が満ちていた。

自ら選んで亡くなった。

それは結果としてこの世界に残る絶対的な事実なのだけれど、彼方では少し違うことがある。

やっと成し遂げたと思う人もいる。

なぜここにいるのかが飲み込めてない人もいれば、まだ生きてると思っている人さえいる。

信じられないくらい、多岐に渡っている。

それは、人が持つ思念の広さを表しているのではないかと思う。

しかも日常に追われて、自分自身の思考が今どんな風であるか?でさえ漠然としている。

人の心の中の世界は、深く広い海のようで、時々海面に浮かび上がるものが感情や考えてることの全てではない。

少し潜ると、異なる思いが手にとれる時がある。

そのことを伝えたい。

その思いから、私の家族には了承を得て、彼の友人の自死について書いてみたいと思う。

                           つづく       



一つ目のお話 つづき

「もう無理やわ」

「こんなまんまで、生きててもしょうがない。」

そんな言葉を、何十回、何百回聞いただろう?

はじめは、15年ほど前になるだろうか?

当初は時間が許せば、その方の元に訪れたり、一緒に参拝に連れ出したりしていた。

それでも続いて、時には「それが本当にあなたの望みなら、私はもう止めない。」なんて強気なことをハラハラしながら言ったこともあった。

そういったこの世を儚むスタイルは、ときどきうっとりとヒロインな気分に酔えたりするのだろうか?と思えたり、その奥を知るきっかけにもなった。

でも繰り返し、そう言う言葉を吐き、私に投げかけ続けるその方の言霊は、本人の言葉に上がった望みを叶えようとするかの如く、少しずつ体調に現れ始めた。

そしてその方は、「○にたい」と言わなくなった。

そして、そのことの代わりに違う内容の不平を頻繁にさらに強く口にするようになった。

私は、怖くなった。良かれと思って聞き続けたことを後悔し始めていた。

人との距離は難しい。

また同じように受け止め続けると、またその言霊は川の石が水に削られていくように、ゆっくりと叶えていくだろう。

そして、何よりも前書きに書いたような時期と重なっているのが怖かった。

この世とあの世の端境に空いた大きな口にすっぽりと落ちてしまうのではないか?

その穴に最も近く引っ張られるような気がして、とても怖くなってしまった。

言霊は川の水。硬い石さえも形を変えてしまえる力を持っている。

私も昔はよく文句を言っていた。

今でも多少の愚痴はもちろんあるけど、

言霊は川の水だと思っているので、めっちゃ吐き出したい時は仲良しの大きな木に聞いてもらいに行きます。(もちろん、周りの方々を心配にさせないようには気を使います。笑)

私より遥かに長寿のその木は何もかもお見通しのような気がして、フラットな自分が丸見えで恥ずかしいほどになる。

帰りは大体反省会です。笑

そしてやるべきことが見えてスッキリします。

あなたは「幸せになりたい人」ですか?

それとも「幸せになる人」ですか?

思えばプロポーズってそう言うことなのかもね。

「幸せにします」って言葉を上げてしまう。

宣言してしまうんやもんね。

私がとても大事だなと感じている一つ目のお話でした。

一つ目のお話。雑貨屋時代からいろんな話を聞いてきました。

もちろん自分が愚痴を言う様な時もあります。笑(基本文句言いです。笑)

たくさん耳を傾ける中で、面白いことに気づいた。

結婚したいと嘆く人と、離婚したいと嘆く人。
就職したいと嘆く人と、もう仕事を辞めてしまいたい人。

人は求めるものが叶えばそこからは逆のベクトルに引っ張られ始める。
もちろんそれぞれに事情があって、その全部がそうじゃないですけどね。

中でも、悲しくて辛いのは、生きているその逆を望む人の話を聞く時。
「私そろそろもうええかなって思っています。」とか、もっとダイレクトに「もう○にたい。生きてることに疲れました。」と打ち明けられることがたまにある。
そして、そう打ち明けてくれる人は、だいたい大丈夫。
*私の経験からだけなので、それが絶対ではないことは知っていてください。
もしそんな話を聞いたら私はゆっくり聞きながら、その中に前書きに書いたような気配がないか?をガッツリと探り続けます。

なんとなく「そうしたい」と思う人は「そうする」人とは違う。

それはこの件だけに限らないと思う。

「〜する人」はもう決まっている。
本人の意志がしっかりと固まっている。だからあまり話さない。ただなんとなくその話をするなんてことはあまりないように思う。

「〜したい人」は固まっていない。
だからつい話すんです。愚痴る。いろんな人の話を聞きたくなる。

または、共感してくれるかを試す。

だから自然と、今同じような状況でも未来が変わってくるのです。
良くも、悪くも。

でもときどき、「私もう無理。この世にいる意味がわからない。」と言うようなことを頻繁に伝えてくる方がいる。
厳密には、いた。

数年前までは、年に一人か二人現れてそして気がすむとその時期が終わる。
夏の蝉の様。

この2、3年は一人もいない。
でも、実際に実行して彼岸に渡ってしまったご遺族さまからのお話が増えたのもこの、2、3年のことなのです。


そんな夏の蝉の様な方の中にかなり長期にわたって、「もう無理」と連絡をくれる人がいた。
今回はそのお話をします。 

                                    つづく

思いたって、今年のうちにまとめておきたいと思ったこと三つのお話。

まえがき

2017年後半からジワリと忍び寄る死の影というか、気配とも匂いとも言えそうな、
またそのどれでも無いものが私の周りに擦り寄ってきた。
今まではこんなに長きにわたってその気配が続くことはなかった。
あっても、ふと感じる程度だった。
こういったとき、誰かに助言を求めることも、ネットや本で情報を得ることもなかなかできないので、観察というか実験というか、感じるままに見つめている。
今ではやっとそうできるようになった。

明確でないそんな何かを孕んだ空気は、自分にとっても嫌なものなので、気の所為にする。
気づかない素振りをすればするほど、意識をせざるを得なかった。

この世とあの世の端境は、ふと目の前に大きな口を開けている。

叔父の死、愛犬の死、二人の少年の死、家族の友人の死。
私の身の上に起こったこと以外でも、いろんなお話を伺って行く中で確信する様なことを耳にし、時には目の前で起こってしまう。

ジワリジワリとその空気の中に包み込まれていたのを今やっと過ぎゆくこととして、冷静にみることができる様に思う。

そのためにサラッと振り返って大切だと思うことをまとめておきたいと思った。

COVID-19 新型コロナウィルスの蔓延した今年。目に見えないことから突然訪れる死を思う人が、あるいは直面することがあった人が多かったのではないだろうか?

少しでも早くそんな渦の力が和らぐよう祈るように、今年のうちにアウトプットしておきたい。

目に見えない世界と、この世界の間に立つからこそ見える。

大いなる教えを、少しでも多くの方と分かち合うことの重要性を感じ始めている。

とはいえ、カウンセリングでたくさんの方々の人生の断片を聞くことで得た学びは、かなり個人的なことも、繊細で柔らかく傷つきやすい事柄もたくさん含まれているので、そのことを元に再構築されたフィクションです。

「2021年はどんな年になるとおもいますか?」

本当に色々あった2020年も残すところ10日を切りました。

ここ数日「風の時代に入るそうですね?」
とか、「これからはどうなっていくんでしょう?」
とか、「2021年はどんな年になると思いますか?」
なんて聞かれることが増えて来たように思います。

占星術では、今日22日に木星と土星が水瓶座で会うことで起こる”グレートコンジャクション”から”風の時代”が始まると言われていますね。
 
 私は占星術は専門外なので、あまり詳しくありません。
でも、占星術は好きです。大きな星空から様々なことを読み解くなんてすごい素敵ですよね。

そして今日から始まるとされる”風の時代”とは?
「風とは一体なんだろう?」と思いを巡らせてみました。


日本の神様で言うと風の神様の代表格はスサノオノミコトになります。

イザナギノミコトの目から生まれた、アマテラスオオミカミとツクヨミノミコトの弟分である
スサノオノミコトは鼻から生まれました。

アマテラスさまとツクヨミさまは目で見える太陽と月を司る神様。
太陽と月は決まったように動くので「25年の私の誕生日には月はここにある」とか決まった動きしかしないんです。
むしろだからこそ占星術や暦が生まれたんですよね。

ですが鼻から生まれたスサノオノミコトは息吹なので気流や海流を統べました。
とても読めない動きなんです。明日の風さえも完璧な動きはなかなか読めません。
かなり当たるようになった現代の天気予報でさえ、完璧に当てることはできません。

まさに今、未曾有の事態として世間を困らせているコロナウィルスは、飛沫感染します。
人の口や鼻から発する呼吸、呼気はまさに息吹。
そして人の流れ、はたまたその澱む場所など、水や気の流れと同じように読めません。
なのでスサノオノミコトは疫病さえも支配するとされました。

そして、流行などから経済の流れなども水や気の流れに擬えて表されますよね。

そういった動きの読めないものをしっかり読み解く術を学び表すものとして風水があります。
スサノオさまは中国に渡ると牛頭天王さまとお名前を変えて祀られています。風水の神様です。

つまり風は自由気まま。そして型に嵌まらないんです。

自由気ままとは、開放的なようでいてそうではありません。
地図を片手に知らない場所に放り出されるようなところがあります。
行先や、どんなところに立ち寄りたいかをもとに自分でルートを決めなければなりません。
なので、しっかりと自分自身の価値観やそれに基づいた判断能力が問われることにもなります。

そして目に見えない強い力。強い風も、複雑な海流も、流されるもの靡くものがあって初めてその強さを知りますが、それがなければなかなか見ることが難しいです。

今までが地の時代と言われて、物質的なこと、目に見えることの力が大きく働く時代から、目に見えないものへと移行するのでしばらくは個々に窮屈さを感じたり、追風を感じたりするかもしれません。

個人個人の価値観の違いから、その時の感じ方が異なって来るので一定の距離を置いて人と関わること。
その違いをも愛せるだけの心の余裕を持てるよう、自分の心のなわばりを充実させていけると良いかもしれません。

新たな価値観が生まれて、今までなかったものができて来ます。
そして今までの当たり前が、そうじゃなくなったりします。

風を帆にいっぱい受けてどんどん進んでいくのか、怖くて地に這いつくばって耐え忍ぶのか?
それも人それぞれです。

私は新しいことに挑戦したいなぁ。

色々と風通しの良い時代になって欲しいです。

2021年、私は大舞台の幕が開くような、入学式の前の日のようなそんなワクワク感があります。
楽しみだなぁ。

素敵な一年になりますように。

この一年、冥界へと旅立たれた方々の彼方の世界での幸福と発展を
心からお祈りします。

そして、この世界に生きる命の未来が力強く美しいものであることを祈ります。


宝石箱の宝石たちは何を思うのか

街はとても視界が狭くて窮屈で近視眼的になりがちだ。
あのきれいなビルで働く人は人に窮屈な思いをしていて
大きなカッコいいショーウィンドウのお店で働く人は
そのシステムに窮屈な思いをしていた。

月の観測は自転車で十五分走った先の公園でしかできなくて
お天気雨のどんなにきれいな太陽の下でも虹は見えない。


それでも、少し遠く離れてここを見ると、

もしかしたら私たちは虹の下にいるかもしれなくて、

少し距離を取ってみると、その窮屈な人やシステムは
ぼんやりした優しさに包まれていたのかも知れない。

街が明るすぎて星が見えない

月でさえもそう明るく感じない

距離を取ってこの街を見れば、夜景が美しい
宝石箱に見えるのだ。

自死の報道とそれぞれの命と

昨年は例年よりも多くの方から自死のことについてお話を伺うことがありました。

そのことについて考えることも学ぶこともたくさんあって、書きたいと思うことも伝えたいと思うことも、色々あったけれどここに表すことはできませんでした。

自分自身も当たり前に消化や整理ができるものでもありませんでした。
そして、知れば知るほどに簡単に文字や言葉にしてしまうことが怖いと感じてしまうくらい繊細な事柄でした。

「この世から消えてしまいたい」や、そう考えてしまうなんて言う相談を受けることもあったり、
ご遺族の方からお話を伺って、彼岸に渡られてからの様子を窺い知ることもあったりで、
当たり前に正解とか答えなんてないし、これからも私がこの世を去るまで考え続け、
見つめ続けていくことなんだと思っています。

ですが、今回こうやってブログに書こうと思ったのはまさに今必要だと思うからです。

先週末から自死に纏わる報道がテレビでもネットニュースでも流れてきてます。
きっと人と会って世間話の中にも出てきたりするでしょう。

この報道に関して、WHOが「メディア関係者の手引」としていくつかのガイドラインが取り決められているのをご存知ですか?厚生労働省のサイトからもみられます。

「自殺予防 メディア関係者のための手引きーメディア関係者のためのクイック・リファレンスー」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000133759.html

その中にも、「報道を目立つ所に掲載したり、過剰に、そして繰り返し報道しない。」や、
      「既遂や未遂に用いられた手段を詳しく伝えない。」や
      「メディア関係者自身も、関する話題から影響を受けることを知る。」
と言う項目があります。

私たちは、知らず知らずにそういった情報から影響を受けています。

大切な方を、同じように亡くされた経験のある方は、また繰り返して息の詰まるような悲しい記憶を
呼び戻してしまうかもしれないし、必要以上に感情移入してしまうかもしれない。

一度でも「消えたい」と感じたことのある人はそう少なくないはずで、ふとした拍子に具体的なイメージとして、つながってしまうかもしれない。

それも、知らず知らずのうちに・・・。

その事実を知っておいてください。

人の心は、自覚しているより繊細です。
知らず知らずに引きずられて、支配されてしまうとかあってほしくないのです。

ですが、実際に起こりうることです。

だからこそ、流されないで、「ハッ」我を取り戻す瞬間を持っていただきたいのです。

人は、「好き好き大嫌い」とか
「結婚したい」と言いながら、したらしたで「離婚したい」とか
「就職したい」と働き出せば「やめたい」とか真逆のものに惹かれるような
弱くも可愛いところがあります。

そして、背負い過ぎ、頑張り過ぎて、壊れてしまうような、強いようで脆いところも、
誰かのために優しいようで、自分さえも大事にできないような愚かなところもあります。

だからこそ、今の自分を大事にしてください。

焦っていたら、率先して無駄なことをしてください。
わがままになってください。

ハッとするような夕日や、たんぽぽの綿毛や、普段は気にも留めないようなものを探しに散歩に出かけましょう。

誰かを誘って一緒に出かけられたらそれはそれでいい時間になるでしょう。

もし、誰もいなければコメントでもメッセージでもください。

私は無駄を愛する達人なんです。
一緒に無駄話しましょう。












もしもしと尋ねること

まだ幼い頃。

遠くの祖父の家に預けられていることがあったので、

祖父との思い出がいまだにポロポロとこぼれ落ちる。

「おじいちゃん明日はお天気かなぁ?」と祖父に尋ねたある日。

「お空に『もしもし』してごらん。こたえてくれるけに。(こたえてくれるから)。」

と、方言まじりでこたえてくれた。

空に天気を尋ねる方法を祖父は、直接的ではなく、空を介して教えてくれた。

「もしもし」と問いかけることを、そして何も語らないものから感じ取るその心を教わったその日のことを。

台風の後の、澄んだ空を見ながら思い出した。

週末ふと思ったこと

電車の車窓から振り返る景色は、
進行方向に向かう景色より早く流れる様に感じる。

同じ速度のはずなのに不思議なことだ。

それはあっという間に過ぎ去ってしまう時を振り返る様だ。

そして過去はそのリアルタイムよりも輝いて見える様に思う。

旅先でなんとなく買ったものが、家に帰った瞬間に輝き出すのに似てる。

時が経ってもなお色褪せない過去というのは、
意外と壁にぶち当たったりした時のことだったりする。

そう思うと、「いいんじゃん、不安なんて先取りしなくてもさぁ」って思う。
予測できることなんてつまらない。

理想通りの未来の方に今を当てはめて生きようとすると
窮屈になってしまうのが勿体無い。

そんなことをふと思うこの週末だった。

納骨

昨年亡くなった愛犬の納骨をすべく写経をしている。

出来るだけ真っ直ぐな気持ちで、と懸命に取り組もうとするも

どうしても雑念が入る。

はぐらかすように、あえて気をそらせるように

歌詞のうるさい音楽を聴いてみたりしたくなる。

我が家にはもう一頭愛犬がいて、我が家に来て10ヶ月になる。

その子はその子でとても愛しい。

寂しさは紛れても、代わりになんかならない。

代わりになるなんてことあるはずもないんだな。

今ここに来て当たり前のこととして直面している。

寂しくてなんとなくぼやかして、

悲しくてなんとなくごまかしてきた気持ち。

写経してよかった。

理屈でなく身にしみてわかる。

寂しさも愛しさも。

そんな寂しさから浮き上がる様な愛する気持ちを孕んだ写経を

そのままに、小さく白くなってしまった愛しい亡骸とともに納めてこよう。