blog」カテゴリーアーカイブ

日常の足元にある平和

コロナの自粛で特別静かな天神祭宵宮の今日、毎年恒例の大阪市内北エリアの戦災の御供養の歩き遍路に出かけた。

私が勝手にやってることで、何かに参加するとか、専門家の指導でなんてこともなく
完全に自己満足なのだけど、ある時期から特定の場所や時間帯でざわついて落ちつかないことがあって、自然とそうするようになった。

例年は6月に歩くようにしているが、今年は遅くなってしまった。

大阪は1944年の年末から空襲を受けている。
6月には週に一度くらいの勢いで襲撃されていて、たくさんの方が亡くなっている。

77年前の今日、7月24日は大正の木津川や伊丹にあった飛行場や大阪陸軍造兵廠(京橋〜森ノ宮の間にアジア最大規模の軍事工場があった)などの広範囲を襲撃されているが、天気が悪くて視界不良のため途中で攻撃をやめ桑名へと目的地を変えたそうだ。この時森ノ宮駅が被災していてその写真はWikipediaでも見ることができる。

そしてまさに今日、吹田の工事現場で見つかった不発弾処理が行われた。

77年前に投下されたもので、アメリカ製の1トン爆弾だったと聞いて驚いた。
180センチで直径60センチ。めちゃ大きいやん。
半径300メートルを避難地域として2000人が避難し、162本の電車が運休したとネットニュースにあった。

そんなものが空から降ってきた時代。

毎年毎年ヒリヒリと渇き、怖さと逃避と、焦りと諦めと、
なんとも言えない感情。
怒りと悲しみと絶望とが入り混じった煙のように風に溶けて匂うような季節が来ては、
戦争について、空襲について近く感じてなんとも言えない思いを巡らせながら歩く。

場所場所で聞こえる音や、肉眼を介さずに見える情景を感じる。

実際歩いているのは、いつもと同じ大阪の町。
忙しそうに目的地に向かい動く人々。
あらゆる手段で動いている。

日常の当たり前の景色が、一瞬で吹っ飛ばされる恐怖がかすめる。
そんな中を私も歩いていく。

河川敷野球少年たちの元気なかけ声や歓声。
マンションの一角、ビニールプールではしゃぐ子どもたちの声。
生活の音。食器を洗う音、電子レンジや洗濯機のアラーム、誰かを呼ぶ声。
どんな音も、特別幸せに感じる。

大きなジェット音。見上げると飛行機が飛んでいる。
かなり頻繁に、プロペラ機のバタバタ言う音も含めて、いつになく大きな音に聞こえる。

こんなにも飛行機は頭上を飛んでいたのかと気づかされる。
そしてほんの一瞬だけいつになく反射的に心臓がヒヤッとする。

そんな思いをすることもなく、気づかないまま当たり前の日常を生きる人たち。

平和なんだな。しみじみそう思う。

大きな爆音で夜空に打ち上がる花火を綺麗だと見上げることができるってすごいことなんだよ。

大阪市内南エリアや京橋エリアを歩くこともある。

今の当たり前の日常は、平和という大きなベースの上に成り立っている。


その眼差しは公園の銀杏のようでした。

回覧板でご近所のお婆ちゃんが亡くなったことを知る。
4月24日に旅立たれたそうだ。
戦時中に愛犬を軍事供出せよと言われ差し出した子どもの頃の話なんかを聞かせてくれて、いつもうちのワンコにオヤツをくれたりした。笑顔で「娘ちゃん大きいなった。別嬪さんになったねぇ。彼氏はできたんかいな?」とお茶目に笑う可愛い人だった。

最後にお会いしたのはいつだろうと思い返してみると、その時は今年の1月15日聖天さんのとんど焚きの時だった。
新年のご挨拶をして「お元気ですか?」とたずねるといつものような笑顔で話すことなく、「もうあきませんわ」とおっしゃって、力無く笑った。
私は多分「何いうてはりますのん」と返したように思う。
混み合っていたことと、次の予定が気になっていた私は、会釈をして別れてしまった。

あれからあまりお見かけしなかった。
コロナのこともあったりで出辛くなっているのかなくらいに思っていた。

少し離れたところで、私たちの暮らしに優しい眼差しを向けてくれていた人。

ありがとうございました。

ご冥福をお祈りします。

imagine 一滴の自分


今までいろんな方とお話しさせていただきながら、
私の中にいつの間にか定着したイメージがある。

それは、人の魂が液体だと想像することで繋がり広がったイメージ。
朝露のように一つの滴のように想像する。

人はとても影響を受けやすくて、少しの音の波動や振動でもフルフル震える。
たまに「私のオーラの色は何色ですか?」なんて聞かれたりするときにも
私なりに感じることとしてお応えさせていただくが、
「単色ではないので気分が変われば色も変わります。」とお応えしている。

シャボン玉の表面のオーロラのように変わりゆく色。
その色の筋は、いきなりの青や赤ではなく青味を帯びたところから、
少しずつ明確な青へと変わっていくように、人の魂の一滴にも同じことが言える。
そしてそれらの色の移り変わりは、時間の経過と共に流動的だ。
傾向として、青味が現れやすい人、とか、黄色味が強い人など
それぞれの色味のキャラクターがあるようには見えるが、そこで固定されることはない。

筆洗で筆を洗うように、大きな力で圧倒的な強い色の筆を透明な水に差し込めば、
そこにある水はその筆の色の影響を受ける。
透明であれば透明なりの、白であれば白なりの変色。
黒であれば影響を受けづらくはなるが、筆洗の中の一滴だとするならそれなりの色味へと変わっていく。黒は光とも色とも馴染まないので滅多にお目にかからないけども。

例えばその筆洗は、学校であったり、地域であったり、親族だったりする。
それが都道府県や、国や世界へと大きなバケツに変わっていく。
たくさんの一滴が集まった水の塊は、本来容器に入ってるわけではないので、
宇宙に浮かんだ地球という大きな一滴になっていく。

その表面にもやはりシャボン玉の表面の色の筋が見て取れて、
その色味が極端に強くなって起こることが戦争であったりするのではないかなと思う。

それぞれの一滴の中にもある色味。
それが集まり、影響し合い大きなエリアやエネルギーの強さが集まった時に起こること。

その集まりはやはり単体で突然沸き起こる物でもなく、
時間や意図的なエネルギーの偏りでより色濃く現れる。

この土地にご縁をいただいてから、お酒を絶って聖天さんに百日通うことを
何度かやっていたことがある。
ある百日のうちの九十八日目にいただいたビジョン。
それも水滴だった。
葉っぱの上に丸くキラキラと満ちてゆく朝露の滴。

「充ち満ちて生まれ 歓び喜びて生きる 我が名 歓喜天なり」

誰もが満ちて生まれ、純粋で透明なキラキラの滴で生まれている。
だからこそ喜んで生きるのだ。
生きる意味や意義がわからないと言われることがあるけども
喜んで生きてそれで充分なんだと思う。
何かのためとか誰かのためというのは、その後の話で充分。

遠い国の戦争のニュースを見るたび、私の中の色味を見つめ直している。

自分の中で大きく広がる色味の傾向で、その一滴の大まかな色味の傾向が生まれるのなら
葉の上の朝露から生まれ落ちたときの透明な一滴を、一日の中のどこかで意識的に思い出せるような時間を持ちたい。そうやって今日も祈っている。

*お知らせ*
二十歳までの未来の大人たちに、メールでですが無料でカウンセリングというか、文通的にお話しできたらいいなぁなんて思い描いています。

お父さんやお母さんからのご相談はちょっとまた違うので、この無料でのメールでのやりとりはお断りさせていただいています。

あと、ライン相談もお断りしています。自分でメールの文章を打ちながら自分と対話して欲しいのです。他の誰でもなく自分自身で自分の声をまずは聞くところからやってみる機会になればいいなぁ。

ご希望の方はメールください。
お待ちしてます。

気づきの重なりをシェアできたらいいなぁ

時々、「どうして村林さんはそんなに強くいられるのですか?」
とか、「村林さんみたいにちゃんと生きられません」
とか言われる時がある。

初めて言われたときは面食らって、言葉にならなかったのを覚えている。

当たり前にそんなことはなくて、どちらかと言うとあかんたれでヘタレです。
そしてド天然です。

人間ていろんな側面があって、みんな当たり前にいろんな顔があると思うんやけども、
もちろん私にもいろんな顔があって、夜叉のような顔もあります。笑

一度その辺りのことを思いつくままに書いてみようと思いました。
この文章だけで全部書ききれるとも思えないけども、
その都度書いていくのもいいかなと。

昔から良くも悪くも色んなことを感じとってしまう面倒な性質で、そのくせひとつに囚われると他が見えなくなって一つのことしかできなくなる。
妙に生真面目で、要領が悪くてねぇ〜。

小さい頃はとても泣き虫で母によく
「そんなことでどうするの?感受性が豊かなのもええけどほんまにどうやって生きていくの?」
ってよく言われてました。

そんな性質ゆえに人を傷つけてしまったり、迷惑をかけてしまうこともあったりして、
不甲斐無い自分が嫌になることもたくさんありました。

過去形なのは、昔に比べて、その感じ取ったことをそのままに捉えて、思考し言葉にし行動にするようなことがなくなったから。

そして昔は、(特に学生時代や会社にいた頃は、)そんな空気が読めない(会社では上司に「君は社会不適合者だよ」と言われたことさえある。笑)みんなと同じように器用にいろんなことをこなせない自分が嫌で、「ちゃんとする」ことに一生懸命だった。
頑張れば「ちゃんと」できると思っていたし、「ちゃんと」できないのは努力が足りないからだとも思っていたけれども、今思えばどれもこれも悲しいほどに外側からの価値基準に自分を落とし込もうと必死だったのだと思える。ヒリヒリするね。

学生の頃は特に一つの教室とか学校とか学生っていう箱に並んで、周りと見比べられたり、自分でも過不足を測って勝手に傷ついたりしていた頃もありました。
いじめられたこともたくさんあったしね〜。子どもって残酷な時もあるからなぁ。

今思うと若いなぁというのもあるし、時代の価値観が変わっていろんなことを打ち明けやすくなったり、理解してくれる人が増えたりしてずいぶん呼吸がしやすくなったようにも思います。
振り返ればいろんな呪いがかかってると思うほど、普通というふんわりした基準や、幸せなんてふんわりした妄想に囚われていた。
今となっては友達100人?良妻賢母?そんな言葉も捉え方によっては呪いでしかないように思います。呪縛という言葉があるみたいに、縛られて窮屈になって優しくおおらかになることが難しくなってしまう。

今も本質は何にも変わっていません。
ドがつくほどの天然も、良くも悪くもいろいろ感じ取ってしまうことが、仕事になってどんどん面白くなったりはしてますが、その副産物としての面倒くささも変わってないです。でも面白がれるようにはなってきたかも。

学校とか会社みたいな小さな組織を離れて、誰かと比べることなく自分のペースで生きてもいいのだと思えるようになれたこと、たくさんの方々に見守られながらお仕事をさせて頂いてきたことや、鬱になったり、大事な人と喧嘩して仲直りしたり、子どもを育てたりその最中で自分の周りにいないようなタイプの人たちと一緒に何かする機会を得たり、あかんたれなりにたくさんの人に迷惑をかけてかけられて、怒って怒られて、愛して愛されて、何もかもがお互い様でありがたいと思えるくらい、いい歳になったと思います。

いろんな方のお悩みを聞かせていただく仕事だけに、その悩める方の後ろの方々の愛情を持って寄り添う存在の言葉から私自身が学ぶこともたくさんあって、その積み重ねを繰り返すことで育ててもらったようなところも大いにあります。
そして、昔は人が怖かったけども、この仕事をするようになって、お一人お一人と丁寧にお話しさせていただく機会を得たことで、人が本来みんな優しい顔を持ってることを知りました。

そんなささやかな気づきの重なりを少しずつでもシェアできたらなぁ〜なんて思いました。

ここに書いていくのもいいかもなぁ〜。
でも続かないからなぁ〜。笑

まずは二十歳までの未来の大人たちに、メールでですが無料でカウンセリングというか、文通的にお話しできたらいいなぁなんて思い描いています。

ご希望の方はメールください。
お待ちしてます。

お月様とおしゃべり無事に終了しました。ありがとうございました。

初めてのお試し、リモートお話し会。
お月様とおしゃべり
無事に終了しました〜。
ありがとうございました。
今回はGooglemeetsでやりました。

次回、二月十八日木曜日の21時からです。
今月いっぱいは無料でやろうと思っていますので
気軽にご連絡ください。

日中の方がご都合が良いと言う方いらっしゃいますか?
もしいらっしゃればお昼もやってみたいと思います。

次は、これからどんな風に今の時代を楽しみたい?
みたいなことをおしゃべりできたらいいなぁ〜。

「お月様とおしゃべり」をリモートでやります。

リモートで「お月様とおしゃべり」をやります!

以前から、いろんな人と話せる場があればいいなと、お茶会のようなお話会のような「お月様とおしゃべり」の会を時々やってました。

月の満ち欠けや日常の様々なことで、なんとなく落ち着かないザワザワする、とかハラハラする心をお月様にお話しするように、お母さんにお話しするように、話せるような場を作れたらいいなぁと思っています。

今回のコロナでのおうち時間が長くなるとともに、リモートがとっても身近になりました。もっと暮らしに近いところで、それぞれの場所で話せたら楽しいよね。きっと。


パジャマでも、顔出ししてもしなくても、匿名でも本当のお名前でもなんでも大丈夫ですのでリモートだからこそ聞きたいことや話したいことを楽しくお話ししたいと思います。

まずは今週12日の金曜日夜9時からやります。

今後2時間1000円くらいでやろうと思っているのですが、今回はお試しで無料でやります。

参加方法、は個別コメントやコンタクトからお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。

今年のうちにまとめておきたい三つのお話終わりに

あとがき

森の中は、この数年感じていた死の気配が、これからの生命と直結する場でありました。

ここ数年考えていたことが、なんとなくまとまって、落ち着いて年を越せそうです。

2020年はあと2日でおしまい。

今年何かを大きく失って、大きな喪失感に襲われていても必ず新しい何かが生まれてくる。

少し休憩して、だだっ広い心の奥に手を伸ばすために、ひらひら舞い落ちる花びらや、雲に隠れる月をボーッと眺めることも、電車で三十分移動して大好きな木に会いにいくことも、けして無駄ではない。

むしろとても大切なことを思い出させてくれるかもしれない。

大きな風をはらんだ2021年がたくさんの笑顔に満ちていますように。

思ってもいないところで、大きく背中を押されることも、思わぬ向かい風に遭うこともあるかもしれない。

凝ったクイズを解くように、その風をどう味方にするのか楽しみたいですね。

そのためには、空を見上げる余裕も、その発見を誰かと分かち合うのも、
2021年の今頃には何か面白いことが始まる糸口になってるかもしれない。


今年もありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください。

三つ目のお話

今年の10月にキノコ狩りに行きました。
北海道の森の中。
大ベテランの先達さんにご案内いただいて、熊の気配がする森の中。
80歳の先達さんは、街で見るよりも数倍大きく、そして若々しく雄々しく見えました。

大自然の中では、炎や刃物を持たない人はなんとも頼りない存在なんだと感じました。

熊の鼻息を遠くに、でもこの耳で聞いた時、腰に携えた刃物が、心の隙間を埋めてくれました。
森羅万象等しく生きるものたちと等しく生きるものとして、いつ他の命の糧となっても不思議ではない世界。
生きているということや、これからも生きていくというその意志は、自分以外の命に一瞬の迷いや怯んだ心は命取りになるかもしれない。その不安を拭い、生きるための行動を支えるお守りでありました。

散華のようにキラキラと舞う木の葉に祝福され、お天気雨で陽の光に舞う小雨の水の粒に多くの命を支えるたくさんの存在を思いました。

キノコは、朽ちて倒れた木の幹に、大きな枝に生えていました。
何十年も生きて、今は朽ちた木々は次世代の命の糧となり、温かい土壌となりました。
その脇にはこれからの命が様々に萌えていました。

なんとも誇らし気なこの世の去り方。
その姿の美しさ。

この地球に生まれて、森羅万象の中で生きる命は、どれも完全体だからこそ生命として存在している。
それが何よりの、この世に生きている存在として祝福されている証なのだと感じました。

大阪に帰ってきて、少しずつ薄れていくその祝福を忘れないように、時々はこのページに帰ってきて、丁寧に撫でて思い出そうと思います。

これから生まれ来る命も、彼方の世界でこれからスタートを切る人も、この世に今生きている人も、寿いで降り注ぐ散華の中にいる。

時々はふと思い出して、ボーッと木の葉が舞い降りるのを眺める時間があるといいな。

きっとその木は、遠くの木のことも知っている。

あの森の木ともつながっている。

二つ目のお話 腑に落ちる先 つづき その2

友人さんと彼は二人で遊んでいたのではなく、もう一人フーさん
という人もいて、その3人で遊んでいた。

友人さんの訃報を聞いたのも、葬儀に参列したのも彼とフーさんの二人でだった。
昔からずっと時間を共にして来た誰かと、思いを分かち合えるというのは大きな救いだと思う。

3人はいつもなんかどこかお互いに悪態をついてじゃれあってるようなところがあって、
それは仲がいいからなおのことなのだろうと思う。でもきっと彼はそれを認めないだろう。
私にも似たようなところがあるので、想像がつく。
友人さんの独特な茶化し方もひっくるめて、やはり類は友を呼んでいる。

彼とフーさんが友人さんを忍んで飲むというので、私も同席させてもらった。
それまでにも、彼は私のことをフーさんに話していてくれて、私が友人さんの言うことを伝えていると
一番実感していただいたのが「めちゃエロない?」の話だった。

彼もフーさんも、懐かしい話の合間合間に「あいつほんましょーもない。しょーもない事して。アホやで」
やるせなさも、悲しみも、愛のこもった悪態になる。
人の感情はとても額面通りには行かない。複雑怪奇なものだ。
それくらい、やはり深くて広い。

フーさんが「なんでやねん!お前なんでそんなアホな事してん」と大きな声で叫ぶように言ったその時
友人さんが「しゃーないやんけ!」と叫ぶように応えた。
それは、尋ねた側も応えた側も「なぜそんな方法をとらねばなかったのか?」に対してのやりとりだったように思う。

友人さんは数年前から難病を患っていた。
それゆえに生きる上で大変なことがあったんだろうとは想像できる。
でもそれは私の想像でしかない。

またフーさんが「しゃーないちゃうやん。アホか。ほんまに。」と力なく言った。
そして友人さんが「しゃーないやんけ」と力なく応えた。
それは、もうこの世に戻ることができないと言う圧倒的な事実の前に交わされた言葉だった。

人は自分自身を騙すことができる唯一の動物なのではないか?と思う。
それくらいに人は自らの感情を誤魔化すことがある。

その「大丈夫」は本当に大丈夫ですか?
その「大好き」「大嫌い」は本当にそうですか?
その「もうどうでもいい」は本当にそうですか?
その「最悪や」はほんまにそうですか?

友人さんの「しゃーないやんけ」は、落とすべき腑がないまま、宙に浮いたままでいる。

友人さんには、抱きしめることも抱きしめられることも、文句を言うことも、手を貸すことも、微笑みさえも届けることができない。

「ごめん。もう無理や。どないしよう」もし、そう言えてたら。
「あーもうしんどい。一緒に手伝って欲しい」と、心から言えたなら、
きっと一緒に考えて悩んでくれる人は、いたと思う。

そして、そこに携われた人の誇りになるような経験の種を生めたのかもしれない。
誰かの「どうしようもない」は、もしかしたら、その人を大切に思う誰かの伸び代を広げるかもしれない。

「しゃーないやんけ」を繰り返し、やさぐれる友人さんを
慈しみながら、あちらの世界で安らかで、幸せであること願う遺された人たちの叫びは
友人さんのこれからを明るく照らしていくと思う。

友人さんのご冥福を、冥土の世界での幸福を祈る。

「自らこの世を去った人は、地獄に堕ちますか?」
と聞かれることがある。

私の持つ答えは「いいえ」だ。

ただ、遺された人の心にこびりついた悲しみという貸しは
いつか向こうの世界で友人さん自身が幸せになって、ちゃんと返してくださいね。

あなた自身の悲しみが、たくさんの人を悲しませるように、
あなた自身の幸せは、たくさんの人の幸せを生むのですから。

あなたの心の真の喜びが咲き誇りますように。












二つ目のお話 腑に落ちる先 つづき その1

友人さんが亡くなって彼はその最後の場所に行くと言った。

それはとある公園。
夜に友人さんは一人でその目的を果たすために木立の中へと歩いていった。
奥さんとの思い出の品を持って。

この世での最期の友人さんはどんな景色を見て、どんな思いだったのだろう?
その気持ちに寄り添いたかったのか彼は夜にそこに向かうという。

私は一人で行かせるのが不安でついていくことにした。

友人さんの足跡を辿る。
広い公園で、街の灯が見える坂道をゆっくりと登り、何度も何度もその灯を振り返っている。
だんだんその灯が見えなくなる。それでも振り返り、振り返り。
そしてついに見えなくなった時、暗闇に視点を向けている。
その灯は友人さんを引き止めることはできなかったのだ。
まっすぐ暗闇へと歩いて入っていく。

私は、辿っていく中で、様々な別のものに肩を叩かれ、鳴き声や悲鳴を聞き、無念のアピールをする存在に耳鳴りがしていた。

「ごめん。これ以上は無理やわ。よう行かん」

そんな私のヘタレ宣言で、その日はそこまでだった。
後日、日中に行こうとリベンジを申し出た。
それでも一緒に来て良かったと思った。
そんな存在の気配を感じようが、感じまいが、そこにそれだけの何かがいるのは変わらない。
友人さんを思って、辛い気持ちのままその場に一人で向かわせることはとても危険なことだと思う。

後日、おそらくここであろうという場所を見つけた。
それまでに様々な思いを込めて写経をし、その場に手向けた。
その時、友人さんは嬉しかったのか、そんな気持ちに照れたのか、木のウロ(木の横に空いた隙間、穴)を指差し
「見て!めっちゃエロない?」とニヤニヤして来た。
私はちょっとイラッとし、大きくため息をついた。
「はぁ?なに茶化してんの?」と心で思って小さく舌打ちをした。
彼は、「どうしたん?」と聞いてくれたが、「なんでもない」ととりあえずお経をあげて、近隣のお寺さんにお参りして帰った。

彼は、まだ実感がなかったんだと思う。
葬儀に出ても、お骨を拾ってもそれでもまだピンとこないままのようだった。
そして、友人さんも。きっとまだピンと来ていない。
「なに辛気臭い顔してんねん」とでも言いたげだった。

それから一週間後くらいに、やっと彼に話した。

「友人さんな、お経あげにいった時、木のウロを指差して『めっちゃエロない?』って言うて来たん」

「そういうやつやねん!イラっとするやろ!それが友人さんやねん」

と、懐かしそうに、でも寂しそうに彼は笑った。

                          つづく