「2021年はどんな年になるとおもいますか?」

本当に色々あった2020年も残すところ10日を切りました。

ここ数日「風の時代に入るそうですね?」
とか、「これからはどうなっていくんでしょう?」
とか、「2021年はどんな年になると思いますか?」
なんて聞かれることが増えて来たように思います。

占星術では、今日22日に木星と土星が水瓶座で会うことで起こる”グレートコンジャクション”から”風の時代”が始まると言われていますね。
 
 私は占星術は専門外なので、あまり詳しくありません。
でも、占星術は好きです。大きな星空から様々なことを読み解くなんてすごい素敵ですよね。

そして今日から始まるとされる”風の時代”とは?
「風とは一体なんだろう?」と思いを巡らせてみました。


日本の神様で言うと風の神様の代表格はスサノオノミコトになります。

イザナギノミコトの目から生まれた、アマテラスオオミカミとツクヨミノミコトの弟分である
スサノオノミコトは鼻から生まれました。

アマテラスさまとツクヨミさまは目で見える太陽と月を司る神様。
太陽と月は決まったように動くので「25年の私の誕生日には月はここにある」とか決まった動きしかしないんです。
むしろだからこそ占星術や暦が生まれたんですよね。

ですが鼻から生まれたスサノオノミコトは息吹なので気流や海流を統べました。
とても読めない動きなんです。明日の風さえも完璧な動きはなかなか読めません。
かなり当たるようになった現代の天気予報でさえ、完璧に当てることはできません。

まさに今、未曾有の事態として世間を困らせているコロナウィルスは、飛沫感染します。
人の口や鼻から発する呼吸、呼気はまさに息吹。
そして人の流れ、はたまたその澱む場所など、水や気の流れと同じように読めません。
なのでスサノオノミコトは疫病さえも支配するとされました。

そして、流行などから経済の流れなども水や気の流れに擬えて表されますよね。

そういった動きの読めないものをしっかり読み解く術を学び表すものとして風水があります。
スサノオさまは中国に渡ると牛頭天王さまとお名前を変えて祀られています。風水の神様です。

つまり風は自由気まま。そして型に嵌まらないんです。

自由気ままとは、開放的なようでいてそうではありません。
地図を片手に知らない場所に放り出されるようなところがあります。
行先や、どんなところに立ち寄りたいかをもとに自分でルートを決めなければなりません。
なので、しっかりと自分自身の価値観やそれに基づいた判断能力が問われることにもなります。

そして目に見えない強い力。強い風も、複雑な海流も、流されるもの靡くものがあって初めてその強さを知りますが、それがなければなかなか見ることが難しいです。

今までが地の時代と言われて、物質的なこと、目に見えることの力が大きく働く時代から、目に見えないものへと移行するのでしばらくは個々に窮屈さを感じたり、追風を感じたりするかもしれません。

個人個人の価値観の違いから、その時の感じ方が異なって来るので一定の距離を置いて人と関わること。
その違いをも愛せるだけの心の余裕を持てるよう、自分の心のなわばりを充実させていけると良いかもしれません。

新たな価値観が生まれて、今までなかったものができて来ます。
そして今までの当たり前が、そうじゃなくなったりします。

風を帆にいっぱい受けてどんどん進んでいくのか、怖くて地に這いつくばって耐え忍ぶのか?
それも人それぞれです。

私は新しいことに挑戦したいなぁ。

色々と風通しの良い時代になって欲しいです。

2021年、私は大舞台の幕が開くような、入学式の前の日のようなそんなワクワク感があります。
楽しみだなぁ。

素敵な一年になりますように。

この一年、冥界へと旅立たれた方々の彼方の世界での幸福と発展を
心からお祈りします。

そして、この世界に生きる命の未来が力強く美しいものであることを祈ります。


2 thoughts on “「2021年はどんな年になるとおもいますか?」

コメントは停止中です。